社員紹介 > 前田 浩文

ナポリ新宮店
スタッフ
2013年入社

前田 浩文

「店長候補」に惹かれて、
ピザ屋に転職しました。

もともとスポガで、ボウリング場の運営に携わっていました。天職じゃないかと思えるくらい楽しかったですね。節分の豆まきを企画したり、パントマイムの人を呼んでイベントを開いたり。とにかく自分がおもしろいと思えるイベントを企画していました。そんな充実した毎日を送っていたある日。1通のメールが、全社員宛にきました。飲食の新業態・新店舗の店長候補を募集するというもの。やりたい!すぐにそう思いました。一番は店長候補という肩書きに惹かれたから(笑)。でもそれだけじゃなく、まったくの未経験でもチャレンジできるなんて、この会社くらいじゃないかと。あたらしいこと、おもしろいことを常にやっていたい僕としては、そんなチャンスを利用しない手はないなと思いました。
そこから怒涛の日々がはじまります。なんとオープン目前でフランチャイズ契約がなくなり、自分たちで乗り切るしかなくなったんです。やるしかない。その思いで、みんなで必死に試行錯誤したのですが、オープン当初は散々でした。ピザを焼くのに慣れていなくて提供が遅くなったり、火加減の調整がうまくいかず、焦がしてしまったり。クレームだらけでした。そこから何度も試食し、レシピを正確にマニュアル化。お客様の声を拾うために、アンケートも作成。そんな地道な取り組みをしているうちに、だんだんと「おいしかったよ」「また食べに来るね」という声が増えてきました。全部食べきった、何も残っていないお皿をはじめて見た時には、うれしくて、本当に震えが止まりませんでした。
オープンして数ヶ月。現在、お客様の声を受けて、キッズスペースを製作中です。ピザだけでなく、もっとサイドメニューを増やしたほうが喜ばれるんじゃないかとも考えています。やらなければいけないことも、やれることも、まだまだあります。店長?もう、どうでもよくなりました(笑)。数ヶ月前の僕は、肩書きが欲しかっただけだと思います。店長って呼ばれるよりも、「前田さん、また来たよ」って言ってくれるほうが、いまではうれしいですね。この前、スポガに通っていたお客様が、お友達を連れて「前田君に会いに来たよ」って訪ねてくれたんです。本当にうれしかったですね。ついつい、いっぱいサービスしていました(笑)。これからも、もっとお客様に喜ばれる、地域の皆さんに愛されるお店にしていきたい。そう思っています。そのためには、「ミスター前田のピザ回しショー」はいつか実現させたいですね(笑)。

他の社員を見る

pagetop