タノシカ!

「タノシカ!」は、高橋グループのニュースサイトです

200人以上が集まる氷上運動会とは?

7月15日に行われた氷上運動会について

スポガ久留米スケート元木店長と新入社員の麻生さんにインタビュー♬

(写真 左:元木店長、右:麻生スタッフ)


氷上運動会の経緯を教えてください。


雪が降るのが非日常的である九州の方々に知っていただきたい事は、

スポガ久留米店には一年中氷がある恵まれた環境があるという事。

たくさんの方に非日常体験を・・・。

まずは「楽しんでいただく」という事から氷上パン食い競争や氷上玉入れなど

イベント性のあるアイススケート競技を準備してアイススケートの普及活動を行い、

久留米市から将来たくさんのフィギュア・ホッケー・スピードスケート・カーリング選手が

生まれて欲しいという思いが1つ。

あとは親子でもカップルでもスケートをしていると自然と手を繋ぐので

たくさんそういった光景が生まれて欲しいという思いがあります。

まぁ、相方が転んだ場合一緒にコケちゃいますけどね(苦笑)。


今年入社の麻生さん。

元々、アイスホッケーをやられていたそうですがホッケーのどのような所が好きですか?

 

 

 

 

 

 

小学生でアイスホッケーに出会って、そこからアイスホッケーを続けていくうちに、

スケートの楽しさを感じ滑れば滑るほど上達することが面白いからです。

 

これからスケート場でやってみたいことはありますか?

スケート場の楽しさを伝えることができるイベントをしたいです。

夏には涼しい環境で運動ができることをアピールできればいいなと思っています。


では氷上運動会の様子を少しご紹介!!

・氷上ホッケー

・氷上玉入れ

・氷上パン食い競争スタート前

・氷上パン食い競争

・氷上抽選会

・参加賞プレゼント

スケート場では楽しいイベントがいっぱい。

これから暑くなる夏はスケート場に遊びに行きましょう!

タノシカ ナラティー

2019.07.22

facebook

twitter

関連記事

このページの先頭へ